風俗で頼もしい味方

特別だと思わなくなってきました

かつて風俗といえば特別なものでした。でも今ではそうでもないですね。価値が下がったって意味じゃなく、身近になったって意味です(笑)昔は風俗で遊ぶ機会そのものがあまりなかったんですよ。だからたまにしか遊べない分、とても貴重なものだなって思っていたんですよね。でも転職してからは風俗がそこまで遠い存在ではなくなってんです。むしろ会社帰りにいつでも遊べるような環境になったので、特別なものではなく、むしろ身近なものになっていったんですよね。でも、特別だとは思わなくなってきた分、自分の中でより深く楽しめるようになってきましたね。前は風俗で遊ぶことそのものが特別で非日常的なことだったので、女の子選びやジャンルなど、そこまで深くはこだわっていなかったんです。でも身近になってからは、より満足するためにってことを考えるようになりましたね(笑)だから今では風俗は身近な分、しっかりと楽しみたいって気持ちが強まっています。

簡単な理屈だと思いますけどね

風俗が楽しいのは、簡単な理屈だと思いますよ。自分もそこに気付くようになったからこそ、常日頃から風俗のことを楽しんでいるんですけど、男の本能を満たしてくれるサービスって点に尽きるんじゃないですかね。男って快感が好きなのもありますけど、女の子っていう存在そのものが好きじゃないですか。さらに言えば、いろんな女の子と遊びたいって気持ちがあるじゃないですか。これはもう種の本能だと思うんですよね。浮気をしてしまうのも、いわば本能のようなものなんですよ(笑)でも、それを心置きなく楽しめるのが風俗だと思うんですよね。結婚していても、恋人がいても風俗の世界ではいろんな女の子と楽しめるんです。まぁバレたらそれはそれで面倒だとは思いますけど、でも男にとって理想のような時間が流れていると言っても決して過言ではないだけに、風俗ではいろんな形で楽しませてもらっているんです。それもまた、大きな特徴と言っても良いんじゃないかなって。