風俗で頼もしい味方

ギャルっていいかも

この前の風俗嬢はギャルでした。金髪で化粧もしっかりとしていて。実はギャルとはこれまで一緒に遊んだことがなかったんです。風俗ではどちらかと言えば清楚と言うか上品と言うか、いわばギャルとは対極にある女の子を選んでいたんですよね。ギャルが嫌いってよりも、そういった上品でおとなしいタイプの風俗嬢が好きなんです。だからギャルに関してはノーマークだったんですけど、美人だなって思って指名したら実はギャルだったって話ですね(笑)でも、ギャルではあるものの、彼女となら楽しめるだろうって思いは想像以上のものになりましたね。ギャルって偏見を持たれやすいって彼女も話していたように、自分もどこかギャルに対して偏見を持ってしまっていたなって。実際にはノリも良いし、案外真面目と言うか、彼女に関してはこちらのために一生懸命尽くしてくれたので、全然ありなんじゃないかなって。むしろ大満足の時間を過ごすことが出来たんじゃないかなって。

話術も独特だからこそ

風俗嬢の話術って独特ですよね。他の水商売のお世話になることもあるんですけど、風俗嬢の話術は否定も肯定もせず、スルーとまではいませんけど、上手く聞き流してくれますよね(笑)でもそれがいいんです。水商売だと割と真面目に聞いてくれるじゃ無いですか。それで新味になって話してくれることもあるんですけど、こっちからすれば軽く聞き流してくれるくらいで十分って時もあるんですよね。そんな時には風俗が一番のような気がするんです。むしろ風俗であれば話がメインではなく、話は前菜のようなものじゃないですか。だから適当でもいいんですよね。水商売だと話がメインなので、お客の話をぞんざいに扱うことが出来ないじゃないですか。だから仕方ないと思うんですけど、風俗であれば話を適当に切り上げても、その後プレイで満足させてもらえるので、結局そちらの方が良いんじゃないかなって(笑)だから話を聞いてもらいたいだけの時も、風俗のお世話になっているんです。